カットしてもらう必要性

犬

最近多くの人に好まれる犬種として、トイプードルが挙げられます。トイプードルは、小さい体とつぶらな瞳が人気の犬種であり、まるで動くぬいぐるみのような印象が持たれる犬種なのです。しかしながら、他の犬種とは違い、トイプードルはこまめにトリマーさんに毛をカットしてもらわなければならない犬です。通常の犬であれば、夏場などで毛の長い種類でなければ、カットをする必要はありません。しかし、トイプードルはその毛の声質から、カットをこまめに行なう必要があるのです。他の犬種と違い、トイプードルの毛はカールしています。クセのあるカールがモコモコとした可愛らしい印象をもたらしますが、毛が伸びるとこのカールする毛が絡まり、見た目の印象が大きく損なわれます。また、絡まった髪はトイプードル自身にも痛みを伴わせるものとなるので、ある程度毛が伸びた場合は、トリマーさんにカットしてもらう必要があるのです。トリマーさんに任せれば、さまざまな髪型にカットしてもらえるので、自分の好みのスタイルにカットしてもらうこともできるでしょう。

トイプードルのカットといえば、しっぽの先や足首などの毛を残し、お腹周りを大きく剃ったスタイルが定番です。このスタイルは、元々狩猟犬として育てられてきたトイプードルの健康を保つために必要となるスタイルでしたが、このようなクラシカルスタイルをあまり好まない人もいるでしょう。トリマーさんに頼むことで、人気のカット方法であるテディベアカットもお願いすることができるでしょう。テディベアカットは、全体の毛の長さを調整しながらカットする方法であり、テディベアのぬいぐるみのようなモコモコとした可愛らしい見た目となります。トイプードルの見た目を整え、トイプードル自身に与えられる負担を抑えるために、こうしたトリマーさんに、定期的にカットしてもらいましょう。